2016年05月30日

ランニング障害への取り組み

廣田です。
5月22日(日)にトレーニング講習会に参加させていただきました。
菰野町の「元気アップこもの」さん主催の「BCTトレーニング講習会」です。
「BCT(ベース・コントロール・トレーニング)」とは2013年の箱根駅伝を制した日体大が実施していたことで有名になった、体幹強化を主な目的としたエクササイズ。
講習会ではBCTを生み出した「はら鍼治療院」原健介先生の指導のもと、中学生たちとランニングクラブの指導者さんたちと一緒にトレーニングをしてきました。
13245367_1135291059849254_5449131287096913892_n.jpg

数年前から有名になった体幹トレーニング。
数々の書籍が体幹トレーニングを紹介していますが、世間の広がっているのは間違ったトレーニング法が多いような印象です。
運動をしている学生たちの中にも体幹トレーニングが原因で腰痛になった子も多いですね。
正しいトレーニング法とは、鍛えるべき筋肉とその意義を理解しないと意味がない。
間違った方法のせいで成果が出ないだけでなく、体を痛めつけては台無しです。
今回教わったBCTトレーニングは体幹をいかに上手に使うかという点を重視していました。
とくに「走る」という点に特化したメニューを教わったので、自分のマラソントレーニングにも取り入れてみようと思います。
そして、ランニング障害で来院される患者さんにもアドバイスしていきますね。
P5220008-630x473.jpg

余談ですが、この講習会は午後からだったので、午前中に竜ヶ岳に登ってきました。
この時期の竜ヶ岳にはシロヤシオが咲いて、まるでヒツジの群れのように見えるんです。
それを見に行ってきました。
手前左の花がシロヤシオ。
P5220003.JPG

残念ながら数日遅くて花が半分くらい散ってしまっていました。
写真撮ろうとカメラを構えた方がたくさん登ってましたね。
P5220013.JPG

来年はドンピシャのタイミングで登りたいな〜。
P5220015.JPG

下山途中に素晴らしい滝を見つけました。
夏には飛び込みたい!・・・でもヒルが怖い。
P5220040.JPG
posted by カン整体整骨院 at 20:13| Comment(0) | 院長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: